B1A4が、バロが、自らの特色を見せる番

アイドルグループB1A4が昨年5月以降、8ヶ月ぶりにアルバムを発表する。

ぎっしり詰まった2ndアルバムで戻るB1A4は今月7日、タイトル曲「Lonely」のドラマティーザーを公開し、本格的なカムバック秒読みに入った。

B1A4のニューアルバムがさらに期待される理由のひとつは、メンバーバロがtvNドラマ『応答せよ1994』のビングレ役を担って大人気を得たり、ジニョンもまもなく公開する映画『怪しい彼女』に出演するなどソロ活動の成果が今まで以上に高かったためだ。

高まった認知度と同じくらい、ステージ上のB1A4をもっと楽しむための準備が必要だ。そのため準備をした。B1A4カムバック記念、メンバー個別分析!最初はラッパーのバロだ。

2013年、B1A4を広めるために最も貢献したのはバロだろう。バロはtvN『応答せよ1994』のビングレ役で一気に大衆的な認知度を確保した。これと共にバロが所属するB1A4の認知度も上がった。

しかし問題はドラマの中のビングレの姿と、ステージの上のバロの姿があまりにも違うということ。それだけバロがステージ上での歌手としての姿、ドラマではそのキャラクターの姿に全てを溶かす力を持つという意味でもある。特に先月28日『応答せよ1994』で温かくて純粋なビングレの姿が放送された後、翌日の29日には「2013 SBS歌謡大祭典」でタイガーJKと共にしたコラップレーションステージで、ブラックメイクでラップを放つ姿に不思議に思った者も多かった。

今になって知られたが、ビングレの前からB1A4のラッパーバロがいる。

バロがアイドル出身の役者だとして、ただバロをありふれたアイドルグループのラッパーだと片づけることはできない。バロはB1A4の収録曲全体のラップメイキングを担当しており、日本語に訳した曲でもラップメイキングをするほど、言語感覚が格別だ。ステージの上やTVで自身を溶かすように、歌の中でもラップを溶かすのが上手だ。

バロは昨年5月、インタビューで「ラップメイキングをする時、僕だけのカラーに固執しようとしたら結果が良くなかった。最大限、僕たちの歌に合わせようとした」と伝えた。バロはサンドゥルのパートを歌ってみたりもするなど、歌と自身が担当したラップの調和を作り出すために努力する。

ラップメイキングだけでなく、実際のラップの実力も頭角を現わしている。B1A4でバロの声は神の一手。サンドゥルが中心の重さをとらえ、ジニョンの独特の声色がボーカルの色を加えるとすれば、バロの中低音の声は歌を豊かにする役割を果たす。特に「悪いことばかり学んで」で、もしもバロのラップがなかったとすれば、ただのアイドルグループの収録曲にひとつずつあるソフトな愛の歌で終わっただろう。そのためなのか、よくアイドル音楽でラッパーの存在は歌の中間に形式的に登場する場合が多いが、B1A4の音楽でバロのラップは歌の味をさらに引き立てるスパイスのように使われている。

ステージの上でバロの姿はさらに輝く。

『応答せよ1994』でバロは、純真無垢な表情の中で複雑な考えを含んでいるような、微妙な表情演技を披露したとすれば、ステージ上のバロは正直であり多彩だ。瞬間ごとに表情を変えるバロの姿から、ステージを本当に楽しむ歌手の姿を見ることができる。特に独特な対話が挿入された「イゲ ムスン イリヤ?なんで?どうして?」でのバロの表情は、メンバーの中でも頭角を現わす。

その一例を挙げるとしたら、バロの眉毛だ。他のメンバーの表情と比較してみると、上がって下がって伸びて縮んで活発に動くバロの眉毛のおかげで、ステージがさらに楽しく見えたりもする。

「もうビングレは忘れろ。」B1A4が、バロが、自らの特色を見せる番だ。

-Copyrights(C) Nocutnews & Jpictures Syndicate-