今月9日に14年ぶりに歌手としてカムバック

FTISLANDのソン・スンヒョンが、女芸人ソン・ウニとデュエットを結成、爆笑必至のステージを予感させた。

ソン・ウニは新曲「歳-背」でソン・スンヒョンと共にデュエットを結成、今月9日に14年ぶりに歌手としてカムバックする。2人は“トゥソングプレイス”との名前でチームになり、リリース当日のMnet「MCountdown」で一緒にステージに立つ予定だ。

ソン・ウニは最近放送されたtvN「清潭洞(チョンダムドン)111」を通じて、ハン・ソンホ代表に歌手としてのカムバック欲を見せて「歳-背」ダンスを踊ってアピールし、笑いを買ったことがある。チーム内でラップとボーカル、ギターを受け持つソン・スンヒョンは、普段から溢れる才能とバラエティ感覚を披露してきたため、トゥソングプレイスとしてどんなステージを見せるのか、高い期待を集めている。

ソン・スンヒョンはミュージカル『Jack the Ripper』『Summer Snow』に続き、現在公演中である『三銃士』のダルタニャン役を熱演して、ミュージカル俳優としての才能も誇っている。

-Copyrights(C) Nocutnews & Jpictures Syndicate-