「今年の年末はドームで僕たちと世界で最も熱い空間を作れたら嬉しい」

アイドルグループBIGBANG(ビッグバン)が、海外アーティスト史上初の2年連続5大ドームツアーを発表した中で、2015年初めに京セラドーム大阪で3日間の追加公演を確定した。

2015年1月16日、17日、18日の追加公演を含み、合計5都市14回公演で68万6,000人の観客を動員する規模だ。特に1回のツアーで7回の京セラドーム大阪で公演を実施するのは日本人アーティストを含んでもBIGBANGが史上初という記録も持った。

今回の京セラドームの大阪公演が3回追加されたのは、今まで発表されたドーム公演(合計5都市11公演)でファンたちのチケット予約応募が100万件に達するなど、爆発的な反応によって決定された。

「BIGBANG JAPAN DOME TOUR 2014〜2015」は11月15日〜16日の名古屋ドームを始め、11月20日〜23日に京セラドーム大阪、12月6日〜7日に福岡ヤフオクドーム、12月20日に札幌ドーム、そして12月26日〜27日の東京ドームに続き今回の3回の京セラドームの追加公演で、合計5都市14公演が開催される予定だ。

BIGBANGのリーダーG-DRAGON(Gドラゴン)は「今年もまた、日本のドームツアーでファンの皆さんに会えることができ、メンバー全員が期待している。昨年よりパワフルでより一層洗練されたステージをお見せできるよう熱心に準備中なので、たくさんの期待をお願いする。今年の年末はドームで僕たちと世界で最も熱い空間を作れたら嬉しい」と感想を伝えた。

BIGBANGのメンバーは今年、日本でソロ歌手としても猛活躍中だ。SOL(テヤン)は日本デビューアルバム『RISE[+SOLAR&HOT]』を発表し、オリコンウィークリーチャート2位を記録、その後本人が全体プロデュースを務めた初の日本ソロツアー「SOL JAPAN TOUR RISE 2014」で合計6都市13回公演に約7万人の観客を動員した。

D-LITE(テソン)は来月29日に年末シーズンのミニアルバム発売を準備中だ。さらに10月22日には今年6月から7月にかけて、合計8都市15回公演に17万人を動員したソロアリーナツアーLIVE DVD「D-LITE Live 2014 in Japan 〜D’s love〜」の2作品を2週連続で発売する。

一方、昨年6大ドームツアーのオープニングステージを飾ったWINNERに続き、今回のドームツアーのオープニングステージには、サバイバルプログラム「ミックスアンドマッチ」を通じて選抜された7人のメンバーが、YGの新人ボーイズグループiKONとして出撃する。

-Copyrights(C) Nocutnews & Jpictures Syndicate-