他のアイドルグループにとって良い手本に

ガールズグループA pinkがケーブルチャンネルMBCエブリワン「A pinkのショータイム」(以下「ショータイム」)で、妖精アイドルではないバラエティアイドルとしての魅力を披露している。

A pinkは初回からバンジージャンプをはじめ、真っ赤な口紅にチャレンジしたりウオーターパーク体験、鶏の足を食べる姿などを披露して、リアリティーバラエティ番組へ完璧に適応した姿を見せた。ステージで「Mr.Chu」を歌った妖精アイドルの姿は探せない程、気さくな魅力だった。

A pinkはリアリティー番組に対するガールズグループの中で、最も望ましい姿勢を見せてくれる。すでにデビュー当初からケーブルチャンネルTrend E「A pink ニュース」とKBS2「自由宣言土曜日-家族の誕生」などを通して、何度もリアリティー番組を体験したA pinkは、「ショータイム」で飾らぬ番組というものはどんなものなのか確実に理解し、表現している。ガールズグループのリアリティー番組ではお決まりの“すっぴん公開タイム”だけみても、確かに差別化されている。その間、何度も素顔を公開してきたA pinkだが、デビュー4年目のグループらしく、果敢ながらもウィットあるように素顔を公開した。その中でチョロンとウンジが、独特な方法で素顔を死守して公開しなかったのも笑いを誘った。ありふれた素材でも、A pinkにかかれば新しく誕生できる事を証明する場面だった。

誰1人ためらう事なくメンバー6人全員が積極的な姿を見せるのも、A pink印のリアリティー番組の大きな魅力だ。第5回で見せた1人カラオケでも6人6色のワンマンショーを広げた場面は、個人の魅力を見られる名シーンだった。今までA pinkはMBCエブリワン「週間アイドル」やKBS2「人間の条件」などでボミが、KBS2「演歌の恋人」などウンジを中心にバラエティで活躍してきた。「ショータイム」を通じて、A pinkがボミ、ウンジの他にもバラエティ潜在力を持つメンバーが多いということを再認識できる。

6人の潜在されたバラエティ潜在力を呼び起こすには、A pinkだけの厚いチームワークも大きく作用をする。共に過ごした時間が長くなっただけに、A pinkは以前のリアリティー番組より円熟したチームワークをアピールする。第5回のカラオケミッション後、皆同じ廊下に集まって喜びの瞬間を満喫するA pinkの姿もまた名場面。踊って楽しく歌を歌うボミの可愛い姿に交わる姿は、彼女たちのキュートなチームワークを感じられるような項目だった。このように一瞬一瞬でメンバーのアドリブに同調して画面を生かすA pinkの能力を発見するのも面白味だ。

リアリティー番組はアイドルならば必ず1度は挑戦することになる必須関門だ。リアリティー番組の魅力というのは、ここにある。歌手がステージで見せる姿以外に、また違った姿を発見できる魅力の事だ。リアリティー番組は数多くのファンたちの声も活用される。ステージを見てカリスマや美しい姿に好奇心を感じたファンたちが、リアリティー番組を通じて歌手の人間的な姿を発見し、より一層魅力を感じる。そのためアイドルグループが主人公で出演するリアリティー番組の製作はかなり前から制作されてきたが、フオーマットや素材を離れて主人公のグループが見せられる魅力がそれほど多くなければ、成功は難しい。そうした点でも A pinkはアイドルグループにとって良い手本になっている。

-Copyrights(C) Nocutnews & Jpictures Syndicate-