「メンバーと一緒にご飯を食べる時が一番幸せだと感じる」

アイドルグループB.A.Pのリーダーパン・ヨングクが女心を鷲掴みにする魅力を発揮した。

B.A.Pはエンターテインメント専門メディア10asiaが発行するマガジン「10+Star」9月号の表紙を飾った。B.A.Pは9月に日本で4thシングル「Excuse Me」の活動を控えており、異例の日韓同時に表紙で登場する。

今年2月「1004(Angel)」でデビュー後初めての1位を手にしたB.A.Pは、ソウル単独コンサートを皮切りに約3ヶ月間、アメリカ、ヨーロッパ、オーストラリア、アジアを合わせた「B.A.P LIVE ON EARTH 2014 CONTINENT TOUR」を開催した。ツアーを経て一段階さらに成長したB.A.Pのメンバー6人は、9月号の撮影で各自に似合う花と共に成熟した男のセクシーさを果敢に表わした。

日本での活動を控えて短い休息を楽しんでいたメンバーは、最近感じた幸福に対して「B.A.Pメンバー6人が一堂に会して一緒にご飯を食べる時だ。本当に家族が集まったようで、最近ではメンバーと一緒にご飯を食べる時が一番幸せだと感じる」と話した。さらにリーダーパン・ヨングクは最近自身を笑顔にさせる存在に、先日から育て始めた子犬ティガーを挙げた。彼は「小さい命だが、心も通わせて暖かい感情になる。とても良い影響を受けている」として、日常での幸福を伝えた。

B.A.Pのグラビアとインタビューは「10+Star」9月号で見ることが出来る。

-Copyrights(C) Nocutnews & Jpictures Syndicate-