5人5色の魅力を徹底解剖

◇天然の中に隠された情に厚いリーダー…ジニョン

1991年11月18日生まれでA型のジニョンは、チームでリーダーを受け持っている。天然な部分があるが、タイトル曲を引き受けて作詞作曲をする能力に情に厚い性格まで、多くの女性たちの心をとらえている。

「Baby I’m sorry」以降、B1A4のアルバムに自作曲を着実に収録している彼は、今回のアルバム『SOLO DAY』のタイトル曲を作り出した。彼は自作曲のために作曲を習ったわけではなく、基礎から全てを独学で習ったという。常に親しいリーダーだが、レコーディングの時だけは厳しいディレクターと呼ばれる。

◇チーム内の年上女性ファン担当(?)…シヌゥ

1991年6月16日生まれでA型のシヌゥは、広い肩や微笑みなど弟のようであり兄のような魅力で年上女性ファンから全面的に応援されているメンバーだ。また、ジニョンに続いて自作曲に対する意欲があり、前アルバムから自身の自作曲をアルバムに収録し始めた。

シヌゥは一番現実的で落ち着いている性格であり、“シヌゥソンビ”(ソンビ…朝鮮時代の高尚な人)と呼ばれる。スケジュールの前、メンバーに常に注意を払って、宿舎から出る時はガスの元栓は締めたかなども最後に確認し、スケジュールに行ってからも足りないメンバーがいないかなど几帳面に確認する。そのためB1A4のママというニックネームを得ている。

◇食べることを愛するメインボーカルサンドゥル

1992年3月20日生まれでA型のサンドゥルは、メインボーカルなだけに優れた歌唱力を有している。サンドゥルは食べることが最も好きなメンバーでもある。彼は好き嫌いがなく、食べることが好きで“美味しい店ツアー”という独特の趣味を持つ。

MBCパイロット 番組「居候」に出演し、見事な食べっぷりを披露した。このようなサンドゥルのために、メンバーは誕生日にサムギョプサルケーキを作ってプレゼントした。周辺の人々がどんな話をしてもよく笑って反応する大きなリアクションは、また違うチャームポイントだ。

◇唯一のB型…演技アイドルになったバロ

1992年9月5生まれでありチームの唯一のB型であるバロは、最近tvNドラマ『応答せよ1994』、SBS『神の贈り物』に出演して演技アイドルとして君臨した。特に『神の贈り物』ではアイドルが簡単に挑戦できない知的障がい者役を引き受けて熱演を広げ、大好評を得た。彼はこのような作品で大衆的な認知も高めた。

可愛い容姿と180度違う声はバロのチャームポイントだ。普段は茶目っ気あふれる姿を見せているが、ステージに上がればカリスマあふれるラッパーに変身する。アルバムのラップメーキングは本人が全て作り出す。

◇末っ子らしからぬ末っ子ゴンチャン

1993年8月14日生まれでA型の末っ子ゴンチャンは、チームのビジュアルを担当している。彼は美声の持ち主でもある。彼はチームの末っ子だが、兄たちを最も気遣う姿を見せる。

MBCエブリワン「週間アイドル」出演当時、サンドゥルが食べ物に気をとられた時、他の人が気づかないところでサンドゥルの服に食べ物がつかないように整理した。さらに普段から大人っぽい行動を見せ、年上メンバーたちが「弟だがとても頼りになる」と話すほどだ。

-Copyrights(C) Nocutnews & Jpictures Syndicate-