まるで絵画のようなシーンを作り出す

『シークレット・ラブ』のジヨンとペ・スビンが年齢差を感じさせない“時を超えた”海辺キスを披露し、視聴者たちの胸を熱くさせた。

『シークレット・ラブ』はキム・ギュテ監督とKARAが初めて意気投合した5部作の青春メロードラマだ。SBS『その冬、風が吹く』でヒットを起こした全てのスタッフが再び一堂に会して製作し、放映前から大きな話題を集めた。

先月27日、ドラマキューブで放送された第3話「ライラック」編では、ジヨンとペ・スビンがそれぞれ男女主人公を担って、胸が熱くなる“ファンタジーヒーリングロマンス”を表わした。2人の格別な相性が引き立って見えた「ライラック」は、脳腫瘍によって昏睡状態に陥ったある少女と、死んでも恋人を忘れられないひまわりのような男の涙ぐましいラブストーリーだ。

ジヨンは劇中演じた高校生役に合うキュートで新鮮、初々しい初恋に対する少女の感性を自然に披露した。様々な演技幅を認められるペ・スビンは、昏睡状態の恋人を見守る“純情な男”を窮極の演技力で完成した。死を目前にした切なさと、死んでも愛する人を忘れられない悲しいロマンスが胸に響いた。

特にジヨンとペ・スビンの感情が最高潮に達した“海辺でのキス”は涙を誘った。劇中脳腫瘍の手術を翌日に控えたジヨンとペ・スビンは、パク・ソヨンの要請で海辺へ向かった。ジヨンは最初で最後かもしれないとガールズグループの音楽に合わせて踊り、ペ・スビンは呆れながらも微笑みを浮かべてそれを眺めた。踊りながらペ・スビンに近付いたジヨンは、爪先立ちをしてペ・スビンの唇に自身の唇を重ねた。突然のキスに驚いたペ・スビンは、揺れる気持ちを隠したまま「戻ろう」と言って背を向けると、ジヨンは涙を流しながらペ・スビンを後ろから抱きしめた。胸を押さえて「ここがとても痛いの」というジヨンと「元の場所に戻るんだ」と熱心に拒むペ・スビンの切なさが日の出を背景にした海辺を濡らし、まるで絵画のようなシーンを作り出した。

-Copyrights(C) Nocutnews & Jpictures Syndicate-