世界140か国以上にリアルタイム生中継

俳優イ・ミンホのグローバルツアーがファンの熱い熱狂の中でフィナーレを飾った。

イ・ミンホは去る3日、京畿道(キョンギド)高陽(コヤン)KINTEX(キンテックス)で開かれた「2014グローバルツアー-RE:MINHO」の最後の公演を盛況裡に終えた。“RE:MINHO”は、“新たなスタート”という意味で、演技者イ・ミンホの新しい様々な姿を見せるために昨年企画されたプロジェクトだ。

この日の韓国公演を最後に幕を下ろした2014グローバルツアーは、これまで中国(北京、広州、南京、上海)、日本、タイなどで行われ、7つの都市で8回の公演を行い約5万人の観衆を動員した。特にKINTEX公演は、イ・ミンホの国際ファンサイト「MINOZworld」に加入した会員にYouTubeと中国のソフトドットコムを通して世界140か国以上にリアルタイム生中継され、韓流スターイ・ミンホの人気を実感させたものだった。

また、イ・ミンホの寄付プラットフオームであるPMZと“癒しの作家”と呼ばれるジョン・ジェファン作家とのコラボ作品が展示された。ジョン・ジェファン作家とは展示会、チャリティーオークションなどの才能寄付を通した様々なプロジェクトを継続することになる。

氷点下の寒さを溶かすような熱い熱気の中でステージに上がったイ・ミンホは「ファンと一緒に新年を過ごせて嬉しい」と各国の言語で、海外ファンたちに挨拶を伝えた。また、グローバルツアーを企画した理由について「ファンの無限の愛に報いたかったから」と説明し、「毎回ステージに立つたびに、ファンは家族のような感じ」と感謝の意を伝えた。会場を埋め尽くした、多国籍なファンたちは夜光ヘアバンドにペンライトを振って拍手し、歓声を上げた。

最初のアルバム『My Everything』(2013年)に続いて、昨年のセカンドアルバム『Song for you』を発表したイ・ミンホは、この日の公演で「痛い愛」を歌ってステージに登場し、「say yes」でアンコールを終えるまで全12曲を熱唱した。また、ファンたちの歓声に即興で踊りを踊るキュートな姿も見せてくれた。友情出演した3人組イケメンバンドROYAL PIRATES(ロイヤルパイレーツ)の公演も熱気を帯びた。

また、コメディアンのチョ・セホが愉快にMCを務め、途中「隠れミンホ」というゲームが行なわれて爆笑が起こった。イ・ミンホと身長や身体条件が同じ3人を事前に選抜し「本物のイ・ミンホ」と一緒にカーテンの後ろに隠れて見つけるというゲーム。巧妙な変装にもかかわらず、ファンの鋭い目はピンセットのようにイ・ミンホを見つけ出した。イ・ミンホの小さなジェスチャーと変調された声でさえも覚えているファンたちの「ミンホ愛」が驚異的だった。

イ・ミンホは「ファンと一緒にする時間」コーナーで、ステージに上がってきた観客たちにバックハグをして、胸で風船を爆発させてポラロイドカメラで写真を撮るなど、ロマンチックなファンサービスを見せた。