最終公演は5時間を記録!

歌手IU(アイユー)が2017年のツアーコンサートを盛況裏に終えた。
11月に釜山(プサン)を皮切りにスタートした「2017 TOUR CONCERT-Palette」の最後公演地であるソウル市蚕室(チャムシル)室内体育館を最後に約2ヶ月のツアーの幕を下ろした。
ツアーの終着地であるソウル地域は今回の公演中最も大きなスケールに相応しく、2日に渡って進行された。チケット前売り直後に約12,000席がソールドアウトになったIUは今月10日、最終公演のランニングタイムが何と5時間を記録、2度のアンコールで応えるなど長時間疲れを見せない温かな共感を続けた。
4thアルバムで人気を得たが「この今」を始めオープニングの火ぶたを切ったIUは「Red Queen」「赤い靴」でまるでミュージカルのワンシーンのような華やかなステージパフォーマンスで大歓声を引き出した。「Pallet」というタイトルのように、多彩に光るIUの公式ペルライトが公演会場の内部を埋め尽くして熱い雰囲気に包まれた。「ソウル、お会いできて嬉しいです!」と喜びの挨拶をしたIUに向かってファンたちは大きい叫び声で歓迎した。引き続き「君と私 (YOU & I) 」「レオン」「一日の終わり」などIUの珠玉のヒット曲と「嫌な日」「膝」などIUが「最も好きな時間」だと明らかにしたバラードの選曲が次々公開されると、すぐに現場は穏やかな感動で染まった。
今回のツアーコンサートには華やかなゲストの応援が続いて話題を集めた。DEAN、ジコ、Epik Highなど今までIUと共にコラボレーションしてきた最高のアーティストがゲストとして招待された。さらにソウル公演にはBIGBANGのG-DRAGON、歌手PSY(サイ)がそれぞれ出演して熱気を加えた。特に今回の公演はIUと長らく活動を共にしている “IUバンド”との息にも賛辞があふれた。IUはこの日バンドサウンドと共に「昨夜の話」「二十三」「ねえ」まで揺らぐことのない完璧なライブでステージと客席の間を情熱的に駆け回った。
毎年12月にチャートにランクインするというクリスマス曲「Merry Christmas In Advance」のステージを披露して観客に暖かなクリスマスプレゼントを届けた。
IUはさらにヒット曲「Friday」「Good Day」などを熱唱、観客の合唱を引き出したりもするなど、その空間にいる者全てをひとつにした。その後「夜の手紙」「名前に」へと続いたアンコールステージは感動の中で濃い余韻を残すのに十分だった。
ツアーを終えてIUは「今回のツアーコンサートはスタッフらと本当に多くの意見をやりとりしたし、今までの公演の中で最も楽しんで準備した。色々と満足できた公演」と自評した。引き続き「皆さんのおかげで私のパレットにまた一色増えたような気持ちだ。新しく満たした色で良い絵をたくさん描く。今後私が歌う歌に今日の気持ちがたくさん溶けこむと思う。幸せでした。ありがとうございます」と真心を込めた感想で挨拶を伝えた。