キム・ヒソンはソンギュを紅島の青年だと勘違い

INFINITEのソンギュが紅島(ホンド)で険しいスタートを迎えた。
最近放送されたtvNバラエティ番組「島銃士」にはアイドルグループINFINITEのソンギュがサプライズゲストとして出演した中で、紅島での島銃士とダルタニアンの生活像が描かれた。
先立って番組で歌手Gummy、俳優カン・ジファンがダルタニアンとして“島銃士”と共にしてきた。2日後、INFINITEのソンギュが紅島を訪れて合計6人が島生活に出ることになった。
ソンギュはカン・ホドンから会い、ダンス申告式に入水までしながら厳しい紅島生活を始めた。さらにソンギュはカン・ホドンの提案で町内の青年の演技をしながらキム・ヒソンが自身に気づくかどうかをテストすることになった。
結局キム・ヒソンはソンギュに気づかなかった。キム・ヒソンはソンギュと写真を撮りながらも紅島の青年だと信じて爆笑をさそった。
キム・ヒソンは後日INFINITEのソンギュだという事実を知って、申し訳ない思いに「いや、実物がはるかにカッコイイ。なぜ顔がこんなに小さいのか」としてフォローしたが、ソンギュは苦笑いを作って笑いを加えた。
さらに続いたスリルあふれる各種ゲームでもソンギュは引き続き罰ゲーム対象者に選ばれた。風船が割れれば罰ゲームにあう“パンパンゲーム”ではソンギュは失敗を連発した。他のメンバーたちも風船ひとつでも緊張し続けて笑いを届けた。