「これからは私が力になって勇気を差し上げる」

ガールズグループKARA出身の歌手ク・ハラが日本で初めての単独ファンミーティングを盛況裏に終えた。
1年8ヶ月ぶりに日本を公式訪問したク・ハラは、東京・豊洲PITで初の単独ファンミーティング『KOO HARA Japan First Fanmeeting 2017 Winter Party ☆ク・ハラク・ハラドキドキ』を開催、イベント会場をいっぱいに埋めた日本人ファン約1,300人と会って特別な思い出を共有した。
ファンミーティングでは今まで見られなかったク・ハラのプライベートな姿が公開されてファンたちの歓声を起こした。ファンミーティングを準備する振りつけ練習映像からゴルフ、ネイルアートなど趣味をのぞくことができる写真、今までのTVバラエティ出演写真など様々な姿を共有して赤裸々トークで和気あいあいとした雰囲気を作り出した。
引き続きク・ハラはファンたちと近くで呼吸できる様々なコーナーを通じて格別なファンへの愛を実践した。自らカップケーキのデコレーションを完成してファンたちに試食の機会を提供してポラロイド写真を共に撮るかと思えば、客席に降りて行ってファンたちの疑問に誠心誠意答えるなど現地ファンたちと積極的にコミュニケーションを図って交感するファンを愛する姿で現場を温かくさせた。
それだけでなくカリスマ溢れる踊りと甘美な歌で久しぶりに“歌手ク・ハラ”の姿を披露して熱い反応を得た。今回のファンミーティングのために心血を注いで準備したダンスを完璧に披露したのはもちろん、韓国ドラマOSTにリメイクバージョンが収録されて人気を得た日本の曲「雪の華」などを熱唱してさらに成熟した姿を見せて熱い拍手を受けた。
最後にク・ハラは愛情がたっぷりこもった日本語で書いた手紙を朗読してファンミーティングを終えた。目頭を熱くしたク・ハラは「新しい出発をする時に大変な点も多かったが、ファンたちの多くの愛のおかげで力を得ることができた」とファンたちに感謝の言葉を伝える一方、「信じて待ったファンの皆さんにこれからは私が力になって勇気を差し上げる」と約束した。その後イベント会場を去るファン1,300人全員に自らチョコレートをプレゼントするスペシャルイベントを進めて、現地ファンたちをより一層感動させたという。
一方、ク・ハラはtvN、OLIVEバラエティ番組「ソウルメイト」の放送を通じてファンたちの前に姿を現す予定だ。