今後イ・スンギが披露する“悟空アクション”に期待

俳優イ・スンギがひっかき傷だらけの顔を公開、『花遊記』で“アクション悟空”としての活躍を予告している。tvN新土日ドラマ『花遊記』で“退廃的悪童妖怪”孫悟空役を担ったイ・スンギは、逃れられない孫悟空の魅力を発揮して3年ぶりにテレビドラマへ華やかに復帰する展望だ。これと関連してイ・スンギが傷だらけの顔のまま苦々しい表情を見せている姿がキャッチされて視線を強奪している。劇中孫悟空が携帯電話に自身の顔を映してみて頬やあご、鼻にできた傷をひとつひとつ確認するシーン。ボリューミーで高級なファーコートで格別なオーラを表わした孫悟空、は傷を用心深くなでつけて痛そうに顔をしかめている。“退廃的悪童妖怪”らしい決闘の跡がちらりとあらわれて、今後イ・スンギが披露する“悟空アクション”に対する期待感を高めている。