GDのソロアルバムも日本で発売、他メンバーのアルバムも続々

BIGBANGが東京ドームで3公演を終えて東京の夜を熱くした。
今月6、7日に東京ドームを特有の強烈なエネルギーで染めたBIGBANGは、13日に再び公演を開いた。
BIGBANGは3rdアルバム『MADE THE FULL ALBUM』の収録曲「GIRLFREIND」を披露して観客を熱狂させた。「GIRLFREIND」はBIGBANGだけのHIPHOPテイストがよくにじみ出た曲で、日本では初めてライブステージを整えてファンたちにとって特別なプレゼントになった。
特にこの日はコンサートと共に特別なファンミーティングを同時開催して意味を加えた。
今まで日本での活動を応援したファンたちに感謝の気持ちを伝えようと開かれたイベントでファンたちと近くでコミュニケーションしたいというメンバーの意見が積極的に反映された。爆笑を誘うトークコーナーからライブステージまで一度に見られる席で、ムービングステージを利用してファンたちと近い距離で進行された。
イベントの中間には、12日に誕生日を迎えたV.Iのためにメンバーがサプライズパーティーを準備して厚い友情を誇った。
BIGBANGは「BIGBANG JAPAN DOME TOUR 2017 -LAST DANCE」で合計4都市14公演、約696,000人の観客を動員する予定だ。これと共に同日G-DRAGONのソロミニアルバム『KWON JI YONG』が日本で発売された。『KWON JI YONG』は今年6月にG-DRAGONが4年ぶりに韓国で発売したソロアルバムだ。発表直後にはiTunes45ヶ国で1位に輝き、韓国ソロアーティスト史上最多国家1位というタイトルを握ってグローバルな影響力を立証した。
G-DRAGONに続き他のメンバーのソロアルバムも順に日本での発売を控えている。20日にはD-LITEのソロミニアルバム『でぃらいと2』、来年1月10日にはSOLのソロアルバム『WHITE NIGHT』が発売される。
一方BIGBANGは今月21日から24日まで、大阪・京セラドームでツアーを継続する。30日と31日にはソウル市高尺(コチョク)スカイドームで「LAST DANCE」のフィナーレを飾る。