「トップアーティスト デュオ/グループ」部門でも2位に輝く

防弾少年団(BTS)がアメリカ・ビルボードの年末決算「2017トップアーティスト」チャート10位および「トップアーティスト デュオ/グループ」部門2位にランクインした。毎年ビルボードが発表する年末チャート(Year End Charts)は一年間の該当部門で最も頭角を現わしたアーティストを選定して順位を定める。防弾少年団はビルボードのウェブサイトを通じて発表された年末決算チャートのうち「2017年トップアーティスト」チャート10位にランクインした。これは韓国人歌手で最高の記録だ。「トップアーティスト」チャート順位はラジオでの放送回数と販売量、ストリーミング集計を総合して選定し、1年間ビルボードの各種チャートでどんな成績をおさめたのかも主な審査基準のひとつだ。これと共に防弾少年団は「2017年トップアーティスト デュオ/グループ」チャートでも2位にランクインしており「2017年ソーシャル50」チャートでも1位に、「2017年インディペンデント・アルバム」チャートは32位にランクインした。ビルボードはこの他にも「2017年に必ず聴いてみなければならない防弾少年団の歌6曲」というタイトルの動画も紹介した。6曲には「Go Go」「DNA」「Save ME」「FIRE」「血、汗、涙」「MIC Drop (Steve Aoki Remix) (Feat. Desiigner)」が挙げられた。