「独立したのは音楽にだけ忠実に集中したかったから」

ガールズグループ4Minuteから一人立ちし、自分だけの音楽を思う存分表現するチョン・ジユンとbntが会ってグラビア撮影を進めた。
チョン・ジユンは今回のグラビアでレタリング・デザインがプリントされたデニムファッションを披露して自由でナチュラルな姿を披露し、スポーティーなカジュアル衣装で活動的な姿まで加えた。最後にケープを着用したチョン・ジユンは、今まで見せたイメージとは違って女性らしい魅力まで誇った。
グラビア撮影が終わって進行されたインタビューでチョン・ジユンは「今年中にシングルアルバムを発売予定だったが、少し延期されるかも知れない。一日も早く良い曲で御挨拶したい」と残念に思う気持ちを伝えて近況を知らせた。
引き続き「今まで私が経験して感じたものなどを見せられる曲を制作中だ。ジャズの感じを生かした」として次回アルバムのコンセプトを聞かせ、「今後公開する曲たちは私を素直に見せられる曲だ。私の物語をテーマに曲を作りたい」と音楽的なカラーを表わした。
この前は普段から懇意にしているラッパーのキソムとコラボレーションして話題を集めたシングルアルバム「Hello」。彼女はキソムに対して「優しくて誠実な友人だ。本当に気さくで私とよく合う」と語り、とても気楽な関係なので順調に曲作りができたと付け加えた。
また「Unpretty Rapstar 2」を通じてラッパーとしての資質を見せたチョン・ジユン。「Hello」でボーカル的な面を多く見せた彼女は「私はボーカルだ。今までしてきたものをしただけ。ラップをしたのが特別なことだった」として笑ってみせた。さらに共に息を合わせてみたいミュージシャンで趣のある感性が魅力的なOOHYOを挙げて注目を浴びた。
所属事務所から抜け出して単独で活動しているチョン・ジユンは「いろいろな理由があったが、やりたい音楽を気楽に楽しみたいという考えが最も大きかった。外部の刺激を受ければ本質的なものが薄れるはずだ。人や付随的なことを気遣うと最も重要な音楽を逃してしまう場合があるので、音楽にだけ忠実に集中したかった」と一人立ちを決心した理由を明かした。
少女時代のソヒョンをはじめ、次第に独自の活動を選択する芸能人が多くなっているこの頃。これに対して彼女は「自分の主観が明確で、しようと思うことが明確な人々が多くなっていて、今後独自の活動がさらに多くなると思う」として架け橋を作るエージェンシーができる事を願う気持ちと可能性を伝えることも。
相変らずお互いを応援して良い関係を維持している4Minute。ひとつのステ-ジに上がる日を期待しても構わないかという質問にチョン・ジユンは「現在各自がやろうと思う領域で熱心に努力しているので、私も大げさなことは言えない部分だと思う。期待させて失望させるかも知れないと思うと期待を与えたくない。むしろ期待するなと伝えたい」と用心深い気持ちを伝えた。
普段から親しく過ごす芸能人に対する質問に彼女は「ヒョリン、Heize、キソム、Olltii、サミュエル・セオ、キム・ギリ兄さんと仲が良くて、パク・ソンジュ姉さんとも親しい。会えば普段の友人と会うようにご飯を食べたり酒を飲んだり、全く同じだ」と答え、最近美容に関心が多くなった彼女はビューティーYouTuberイ・サベの映像を見て化粧を習っているとし、日常的な姿も表わした。
バラエティ番組の放送を控えていると活動計画を明かした彼女に、出演したい番組を尋ねるとMBCバラエティ「私は一人で暮らす」を挙げて、「ひとり暮らしをしてかなり長い時間が過ぎたし、私を観察したら絶対に退屈にはならないだろう」と伝えて興味を引いた。
一方、意外にも愛嬌があると言及して皆を驚かせた彼女は、恋愛をすれば自然にたくさんの愛嬌を見せると伝えた。さらに現在ソロ活動中の彼女は仕事と恋愛のバランスを合わせるのが重要なようだと話し、理想のタイプに対する質問には「私と話がよく通じて、目つきが魅力的なら良い。内面は知らないが、見た目だけならチョ・ジョンソク、チョ・ジヌンのような男らしい容姿が良い」と答えて目を引いた。
今後の目標を尋ねた質問にチョン・ジユンは「コンサートをしたい。まずコンサートができるまで、アルバム制作に努めるのが短期の目標だ。そして最終目標はお金をたくさん稼いで寄付をする生活を送りたい」と伝えた。