「香港のファンたちと遠距離恋愛をしているみたいだ」

JYJのキム・ジェジュンの香港、アジアツアーファンミーティングが盛況裏に終了した。
キム・ジェジュンは香港スターホールで「2017 KIM JAE JOONG ASIA TOUR FANMEETING in HONGKONG」を開催して150分間ファンたちと会って特別な思い出を届けた。
キム・ジェジュンは最近近況を話す際に「しばらくまばらだったが、最近は再び皮膚科に通って洗顔に気を遣う。特定期間にダイエットするよりもおいしく食べるものの、それと同じように着実にトレーニングをしようとする」として自身の健康管理の秘訣を伝えた。また、最近はタッカルビ(鶏肉と野菜の辛炒め)を好んで食べると明らかにしたキム・ジェジュンは、ファンたちが彼のタッカルビになってあげると言うと、香港のファンたちと遠距離恋愛をしているみたいだというセンスが光る返事で反応を引き出した。
さらにキム・ジェジュンはアーロン・クオックの振りつけで有名な「對你愛不完」(「シルエットには踊れない」のカバー)のコミカルダンスや、中国で大人気な「小蘋果」ダンスを踊ってファンサービスも忘れなかった。中国語の曲「10年」をファンたちと共に歌って忘れられない思い出を作った彼は「僕は本当に幸せな人。ファンの皆さんのおかげで幸せな思い出を作った」とファンたちに伝えた。
最後にキム・ジェジュンは「このようにファンミーティングを開いたら香港で早くコンサートを開きたいと思った。いつも応援してくれて感謝している。今日は本当に心から楽しかった」と感謝した。
キム・ジェジュンは今月25日、タイで開かれるアジアファンミーティングでファンたちとの出会いを続ける予定だ。