初めてのラブコメ挑戦!

MBC新水木ドラマ『ロボットじゃない』が、女心を溶かすビジュアルで視線を釘付けにするユ・スンホの初めてのスチールを公開した。
『ロボットじゃない』は少女漫画から飛び出して来たようなユ・スンホのビジュアルが収められたスチールカットを公開した。愛らしさ満点の目つきで誰かに向かって明るく笑顔を見せているユ・スンホの姿に思わず胸が高鳴る。ここに特有のカリスマが感じられる男性らしさ溢れる表情まで加わってユ・スンホの多彩な魅力が伝えられている。
ユ・スンホは国内最大金融会社の大株主であり、顔からスタイルまで欠けることない完璧な男キム・ミンギュ役を担った。現実離れした最高のビジュアルととんでもない財力まで備えた男だが、人と接触してはいけない“人間アレルギー”という致命的な短所を持っているキャラクターだ。デビュー後初めてラブコメディに挑戦するユ・スンホの一味違う演技変身が興味を引いている。
ユ・スンホは「今まで引き受けたキャラクターの中で最も明るいキャラクターと言える。“人間アレルギー”患者という設定もまた魅力的に感じられた。台本を受けとってすぐあっという間に夢中になって一気に読み、終始笑ってしまった」として作品を選択した理由を明らかにした。
引き続き「良い俳優たちと共同作業できるという点、そしてチョン・デユン監督と話して作品に対する期待感がより増したようだ。熱心に撮影して良い作品に仕上げたい。多くの期待と関心をお願いする」と付け加えた。
『ロボットじゃない』の製作スタッフは「ユ・スンホは現場で存在自体が力になっている。クランクインからキム・ミンギュになって現れたし、キューサインが入る瞬間ブレることなく完璧に没頭して現場で見守るスタッフが感心するほどだ。ラブコメディジャンルでユ・スンホがどんな新しい演技変身を披露することになるのか期待してほしい」と頼んだ。