「10年という時間が心の平正を届けてくれた」

ガールズグループ少女時代のメンバーユナがスター&ファッションマガジン「InStyle」11月号の表紙を飾って、デビュー10年目の実力をアピールした。公開された同誌でカリスマあふれる目つきが注目を浴びた。
ドラマ『王は愛する』(原題)以降様々なスケジュールを消化している彼女の表情は、より一層気楽に見えた。「以前はいらだったり不安に思うまいと、自ら尻を叩いた。最近になって心理的、物理的に余裕がうまれた。デビュー10年という時間が心の平正を届けてくれたみたいだ」と話した。
付け加えて「デビュー前に映画、ドラマ、広告など全て合わせて100回以上オーディションを受けたが、その時の経験が良い基礎になったようだ。恥ずかしがり屋で人の前に立つのが恥ずかしかったが、その時間を経て少しは堂々としていられる」と回想した。
10年間の作業量と結果に対ついては「すごい」と感心する。最近、充電期間の重要性を悟り、やりたいものを探している途中だと明かした。「10年間、本当に忙しく生きてきた。突然休憩時間が与えられたら何をするべきか分からなくて慌てるが、最近はよく休みがあるので熱心に努力中だ」と語った。
今後の人生で期待する成功があるかという質問には「100パーセントのイム・ユナを見せられる作品に出会いたい」と願いを表わした。