11年前の事故の後遺症に今も苦しむヒチョルに心配の声

カムバックを控えたアイドルグループSUPER JUNIORのヒチョルが足の痛みを訴えて「正常な活動ができないと思う」というコメントを残した中で、SUPER JUNIOR側が「ヒチョルは正常にカムバック活動に行い、SNSのコメントは心配の気持ちで残したコメントなだけ」と一蹴した。
SUPER JUNIORの所属事務所SJレーベルの関係者は「ヒチョルはSUPER JUNIORの活動に正常に参加する。活動もするだろう」と話した。
引き続き「カムバックを控えて慢性的な足の痛みで心配する気持ちであげたコメント」としながら「SNSのコメントが少々拡大解釈された」と付け加えた。
最近ヒチョルは自身のInstagramに「ご存知な方々はご存知だが、僕は11年前の交通事故で左の足がまともに使えない状態です。足首の痛みが頻繁に激しくなるようになった」と明らかにした。
引き続き「久しぶりのカムバックなのでメンバー、ファンどちらも浮き立っていて、僕もやはり浮き立っていました。ところで僕は多分、正常な活動ができなさそうです。長い間待って下さったファンの方々、メンバーにもう一度申し訳ない気持ちを伝えますが、到底自信がありません。いつも心の底からこういう考えをしていた僕としては、今メンバー、ファンの方々に合わす顔がありません」と話して話題になった。
ヒチョルは文末に「『僕はバラエティを頑張って広報をすべきだ!』という言い訳で理解をしてもらい許してもらえるなら、より一層感謝の気持ちを持って笑顔でリハビリ治療を受けて頑張ります。僕の利己心が込もった長いコメントを読んで、万が一不快感を持たれるかも知れない方々に謝罪の言葉をもしあげて文章を終えます」と付け加えた。