海外スケジュール中でもファンに感謝を伝える

最近、防弾少年団はNAVERのLIVE映像配信アプリ「V」を通じて、サプライズ「V LIVE」を生放送した。この日の主人公はRap MonsterとV。彼らは海外スケジュール中に携帯電話を繋げて20分間ファンたちに会った。
ささいで身近なトークを繰り広げられた。Vは「風景写真を中心に撮る。最近は人物写真に変えようと思っている。Rap Monsterを撮ったのはフィルムが飛んでしまった」と明らかにして注目を浴びた。
さらに彼は「この頃は作曲作詞をしている。色々なスタイルで歌を作っているが、プロデューサーが許可すれば公開したい」と知らせてファンたちを興奮させた。
Rap Monsterは「メンバーの英語の実力がとても上がった。ジョングクの次に、Vの発音が良い。安心して自由に英語を使っても良いレベル」だと褒めた。
特にこの日防弾少年団は「DNA」の活動は終了していてもSBS「人気歌謡」で赤い頬の思春期(ポルパルガンサチュンギ)を抑えて1位を獲得した。今回の活動で彼らが獲得した1位のトロフィーは何と10個。
2人は「今日僕たちが『人気歌謡』でトリプルクラウンを達成した。点数表を見たが、ファンたちの投票点数で受けた賞だった。やっぱりA.R.M.Yは最高だ」と感謝の挨拶を伝えた。
Rap Monsterは「『FIRE』で初めて『人気歌謡』で1位を獲得したが、このように3週連続1位は初めてだ。デビュー後初の10冠王」だと喜んだ。
Vは「僕たちがいない時にもファンたちが投票をたくさんして下さって本当に感謝する。僕たちは本当に上手くやって見せる。僕たちさえ頑張ればいい。A.R.M.Yたちが今の僕たちを作ってくれた」と感激した。
Rap MonsterとVは気さくな対話を続けながらもアプリを活用してキュートなチャルバン(カットを防止したくなる映像)を数多くプレゼントした。深夜のファンたちにとってこれよりさらに貴重なプレゼントはなかった。