しらじらしさを加えた彼のコミカルな姿に爆笑必至

CNBLUEのメンバージョン・ヨンファの演技力が満開になった。彼はこれほどコメディー演技が上手かったのかと思わるほどだった。新しい“人生キャラクター”を期待してみる価値はある。
最近初放送されたJTBC新金土ドラマ『恋するパッケージツアー~パリから始まる最高の恋~』(以下『恋するパッケージツアー』)ではガイドのユン・ソソ(イ・ヨニ)が案内するフランスのパッケージ旅行に出たサン・マル(ジョン・ヨンファ)と8人のパッケージツアー客たちの姿が描かれた。
『恋するパッケージツアー』はそれぞれ違った理由でパッケージ旅行へ出発した人々が共にする過程の中で関係を結ぶことになって広がる事件と心を通わせる旅を描いた作品だ。
この日の放送で描かれたジョン・ヨンファの姿は、今まで見られなかった風変わりな姿で描かれて世間の注目を集めた。セクハラ現行犯に間違われることから始め、荷物から出て来た女性の下着によって変態だと誤解を受ける状況に置かれた。
特に彼は劇中パッケージツアー客の中で唯一ひとりで参加した客だっただけに他の人とは違う姿を見せてドラマに活力を与えた。ひとり旅をする彼にセルフィースティックは必須アイテムであり、写真を撮る度に鳴る“ハイチーズ”の音声が思わず笑いを誘う。
開始から彼はセクハラ犯だと誤解されて危うい状況に置かれたが、彼は不快な反応よりは諦めるような姿を見せた。一緒に来ることになっていたが、そう出来なかった元ガールフレンドを思い出し、メリーゴーランドを眺めて涙を流したりもしたが、すぐ前向きになって微笑みを浮かべてセルフィーを撮り、視聴者たちを泣いて笑わせた。
ひとりで来た彼は予想だにしない難関に直面して迷惑パッケージツアー客の姿を見せたが、しらじらしさを加えた彼のコミカルな姿に視聴者たちは笑うしかなかった。
約3年ぶりに『恋するパッケージツアー』でテレビドラマに復帰した彼は、これまでの空白期が嘘のように円熟した演技で視聴者たちをひきつけた。ガイドのイ・ヨニが導く『恋するパッケージツアー』でジョン・ヨンファが見せる今後の姿に期待がより一層増す。