余裕を感じるバラエティ出演

アイドルグループHighlightが「週間アイドル」に1年目のアイドルとして登場してMCドニコニ(チョン・ヒョンドン+Defconn)と特有の相乗効果を見せて“レジェンド”を更新した。
最近放送されたMBCエブリワン「週間アイドル」ではMBCエブリワン開局10周年特集1弾が描かれた。祝賀使節団としてHighlightが登場してスタジオを笑いの海にした。
Highlightはすでに「週間アイドル」と深い縁があるグループだ。BEASTからHighlightへと再誕生する時「週間アイドル」でデビュー式をし、BEAST時代にもMCドニコニとバラエティの相乗効果を成し遂げてレジェンド編を作ることもあった。
そのようなHighlightは1年目祝賀使節団としてMCを訪ねてきて、それ自体で笑いをかもし出した。彼らはMCのオープニングを余裕がある微笑みで見守って貫ろくを表わした。「1年目だったら末っ子が中学生くらいじゃないといけないんじゃないか?」と尋ねるチョン・ヒョンドンに末っ子ソン・ドンウンは「大学院生」だと答えて見る人を爆笑させた。
ユン・ドゥジュンは相変わらずだった。“バラエティメンバー”であるユン・ドゥジュンは「今日の僕たちのコメントはどうか」と尋ねるチョン・ヒョンドンとDefconnに「今日は聞く価値はある」と答えて彼らをノックダウンした。ヨン・ジュンヒョンはMCまで健康を心配させる“無気力”を見せ、イ・ギグァンは自身のソロアルバム発売まで知るMCに「関心のないふりしてても知ってる事は全部知ってる」と余裕あふれる姿を見せた。
ヤン・ヨソプはMCが前につけた“子ども電球”というニックネームを相変らずよく利用しているとMCに感謝を表わした。ソン・ドンウンは前に見せたマジックに続いて今回もマジックを見せたが、相変らず雑な手並みでスタジオ中を笑わせた。
登場から余裕を感じるHighlightはミッションまで簡単に解決した。「無限少女」から出た100秒ミッションリレーを受けたHighlightは、40秒後にミッションをやり遂げてMCを驚かせた。商品を分ける時にもクールに「まとめよう」とその場でジャンケンをしてヤン・ヨソプに冷蔵庫を与え、“クールな義理”を誇った。
Highlightは「週間アイドル」のMCたちと他のバラエティでも息を合わせたおかげで、息がとりわけよく合うグループだ。そのようなHighlightは登場するたびに“笑いのレジェンド”を更新して見る人まで楽しませた。もうすぐカムバックするHighlightが自分たちのデビューを共にした「週間アイドル」を再び訪問してレジェンドを再び更新できるか期待感が集められる。