より一層成熟した姿で戻ってくる彼に期待

とりわけ長く感じられたイ・スンギの軍生活が約1ヶ月後に終わる。歌ならば歌、バラエティならバラエティ、演技ならば演技、それこそマルチテイナー界の“皇太子”だった彼の活躍がすでに待たれる。
イ・スンギは2016年2月に第13空輸特戦旅団75大隊に入隊して軍服務を誠実に履行した。10月31日に満期除隊を控えている状況だ。
デビュー後分野を分けずに代替不可能な活躍を広げたおかげだろうか。イ・スンギは除隊する前からあちこちからオファーを受けてその人気を立証した。特にホン姉妹の4年ぶりの新作で話題を集めたtvN『花遊記』は彼の有力な次回作として言及されている。
イ・スンギがオファーを受けた役割は孫悟空。古代小説「西遊記」を現代物にリメイクしたロマンチックファンタジードラマである『花遊記』には、イ・スンギの他にもチャ・スンウォン、チュ・ジャヨン、オ・ヨンソなどが有力視されており、群を抜く期待作として注目されている。
その他にも入隊前に撮影を終えた映画『相性』も公開を控えていて、SBSの新しいバラエティ番組にも出演オファーを受けたことが分かり、除隊後の活発な活動に対する期待感を高めた。
2004年「僕の女だから」でデビューして“国民の弟”という修飾語を得て一気にスターダムに上がったイ・スンギ。その後『ノンストップ5』を皮切りに演技に挑戦、『噂のチル姫』『華麗なる遺産』『僕の彼女は九尾狐<クミホ>』『キング 〜Two Hearts』など、出演すればヒット作を作り出してテレビドラマ界のブルーチップとして有名だ。
これだけでなく映画では『今日の恋愛』、バラエティでは「1泊2日」「強心臓」「花よりお姉さん」「新西遊記」などで活躍を広げて大衆的な好感度を積み重ねた。
このようにあまりにも多方面で活動を広げてきたイ・スンギなので、彼の軍服務期間が長く感じられるのも無理はない。しかしあと1ヶ月後にはファンたちの元へ戻ってくるイ・スンギ。より一層成熟した姿で戻る彼の姿を期待してみる。