イェリンは右手小指捻挫、その他メンバーは軽い打撲のみ

ガールズグループGFRIEND側が交通事故と関連して公式コメントを明らかにした。
GFRIENDの所属事務所SOURCE MUSICは公式報道資料を通じて今月9日に起きた交通事故と関連して「今回の事故は運転者である当社マネジャーの不注意により発生した事故で、一番に被害者の方々に謝罪の言葉を伝えます。GFRIENDの出演を期待されたINKコンサートの観客の皆さんと今回の事故によって近隣交通の渋滞を起こして不便を及ぼした点についてお詫び申し上げます」と謝罪した。
引き続き「事故直後、病院を訪れて精密検査をした結果、メンバーイェリンは右手小指捻挫の診断を受け、マネジャーと残りのメンバー5人(ソウォン、ウナ、ユジュ、シンビ、オムジ)は軽い打撲以外は幸い特別な異常はないという診断を受けた」として「現在GFRIENDは帰宅して安静をとっており、13日に発売を控えたカムバックスケジュールは予定通りに消化する計画」だと明らかにした。
最後に「今後当社は今回のような事故が再び起きないよう、より一層徹底的に気を遣って注意致します。驚かれたファンの皆さんにもう一度謝罪の言葉をお伝えします」と繰り返し謝った。
GFRIENDは今月9日午後5時30分頃、INKコンサート出席のために仁川(インチョン)文鶴(ムナック)競技場に移動している間、仁川第2京仁(キョンイン)高速道路西昌(ソチャン)ジャンクションで車線変更の途中に運転者の不注意により前の車に突っ込む交通事故に遭った。