炎天下の過酷な状況でも笑顔を失わずに撮影に挑む

CNBLUEのメンバーイ・ジョンヒョンが玉の汗を流すシーンが目撃されて話題になっている。
KBS2新月火ドラマ『ランジェリー少女時代』で仕事熱心に薬局で働く青年を演じるイ・ジョンヒョンのスチールカットが公開されて注目を浴びた。
『ランジェリー少女時代』は70年代後半の大邱(テグ)を背景に思春期の女子高生の恋と友情を描くコメディーロマンスドラマ。
写真のイ・ジョンヒョンは引越しの荷物を運んで家の修理をするなど忙しく動いている。仕事をしやすい簡単な服装でも輝く容姿を誇っているイ・ジョンヒョンは大きめのTシャツでも隠せない厚い胸板、たくましい腕の筋肉でタフな男性美を表わしている。慣れた手つきで槌打ちをしたり、重い荷物を背負ったイ・ジョンヒョンは落ち着いている魅力で女心を刺激する。
劇中イ・ジョンヒョンが引き受けたヨンチュンは薬局の仕事を手伝う別名“薬局青年”で、人生に真剣になれず見た目ばかりを気にする典型的な遊び人ながらも幼い妹を世話する責任感が強い20歳の青年だ。
先月23日、全羅北道(チョルラブクト)群山(クンサン)を背景に進行されたイ・ジョンヒョンの初めての撮影は、じっとしていても汗が流れ出るほどの蒸し暑さの中で行われた。強く照りつける日差しの下で重い荷物まで運ばなければならなかったイ・ジョンヒョンは全身が汗にぬれて周辺の人々を心配させたが、笑顔を失わずに最善を尽くして撮影に臨んだという。