「ステージでお見せできる事を全て見せて後悔が残らなければと思う」

ガールズグループ4Minute出身の歌手ヒョナの表紙グラビアとインタビューが公開された。
雑誌「THE STAR」9月号を通じて公開された今回のグラビアでヒョナは「キッチュな少女」を再解釈した。特に今回のグラビアはヒョナが全体的なテーマと様々なアイディアを提案したのが特徴。撮影現場ではカットごとに変わる衣装により様々なポーズを披露してスタッフに「さすがグラビア職人」だと拍手を受けた。
グラビア撮影後に続いたインタビューでヒョナは2ndソロアルバムに対して「デビュー10周年に発売するアルバムなので、時間を振り返ってみようと思う。最近幸せな悩みだけをするのでアルバム収録曲も全体的に明るい感じ。最大限自分自身に集中したアルバム」だと紹介した。さらに「ステージでお見せできる事を全て見せて後悔が残らなければと思う。スタッフたちとあらゆるものを捨てて私たちがお見せできることを余すことなく見せようと話した」と率直に打ち明けた。
“サマークイーン・ヒョナ”という修飾語に対しては「人々が夏といえば私を思い出すということ程嬉しいものはない。今ではそのように相応しくいなければいけないという考えもある」と笑って伝えた。引き続き「正直に言って私はファンにできることがない数少ない歌手だ。それでさらに申し訳なく思っている。私にとってファンは『私がなぜ熱心に生きねばならないのか』に対する原動力であり、『私はなぜこんなに睡眠をとれないのか』に対する理由だ。私がする全ての行動は本気なので、ファンに必ず伝わることを願う。より良いステージで報いたくて、今回のアルバムがプレゼントのように感じられることを願う」とファンに対する真心こもった気持ちを告白した。
最後にデビュー10周年、相変らずヒョナが多くの人の関心と愛を受ける理由に対する質問には「永くしただけで大きな理由はないと思う。いつも気づいて下さって感謝する。ずっと私を覚えていてくれること。その理由だけで私はしたいことがさらに多くなって、様々な夢を見ることができる」と語った。