真面目でつまらないという予想に反して番組を導く

最近放送されたJTBC「知ってるお兄さん」のお兄さん学校にSOLとWINNERのソン・ミノが転校生として出演した。憂慮とは違いSOLは「知ってるお兄さん」で十分にバラエティセンスを発散した。
BIGBANGのSOLはこんなに面白い人だったのか。正直SOLはバラエティで見るのが難しいアイドルだったのでバラエティセンスがどれほどなのか確認されていなかった。あまりにも“真面目な生活”を送るアイドルとして有名で常に真剣で清い姿で“つまらない”という話もあったが、「知ってるお兄さん」でバラエティセンスが爆発した。
初めての紹介からSOLは「目、鼻、口が魅力的なSOLだ」という自己紹介で笑いを誘った。そして大兄カン・ホドンとキム・ヨンチョルを翻弄するSOLは昔、カン・ホドンに“気合入れ”されたと暴露するかと思えば「以前のホドンならできなかった。最近はとても良くなったとようだ」とカン・ホドンの目、鼻、口を握っていたずらをしてカン・ホドンを勝手気ままに振り回した。
その上、キム・ヨンチョルにも退かなかった。キム・ヨンチョルがSOLに「SOLのキム・ヨンチョルだって?」というとすぐにSOLは「僕がデビューして聞いた話の中で最も衝撃的な言葉だ」と答えてお兄さんを爆笑させた。
「私を当ててみて」コーナーでソン・ミノがカン・ホドンと親しくなりたいが親しくなれない理由に対して質問すると、すぐにキム・ヨンチョルが「性質が違うから?」といって危機が及ぶとソン・ミノが「これは違う」というと、すぐにSOLは「口をふさがないといけないみたいだ」と機転が利くトークを見せた。
お兄さん恒例の2人のうちどちらが好きかという質問を継続した。お兄さんが“理想の弟”にイ・スンギを最終選択したカン・ホドンに「イ・スンギか、イ・スマンか」と尋ねるとすぐにカン・ホドンは当然の質問を受けたような表情をしながらイ・スマンだと答えた。引き続きSOLは明るい表情でカン・ホドンに「イ・スマンとヤン・ヒョンソクうち誰か」と尋ねた。イ・スマンが社長であるSMエンターテインメントに所属したカン・ホドンに当然の質問をしたのだ。
お兄さんの反応にSOLは「知らなかった。僕は個人的に好きだと思った。所属事務所がどこか知らなかった。知っていたらこんなバカな質問はしなかった」といって笑いを誘うことも。
それだけにはとどまらず、“ソンリズム”ことソン・ミノと“ミンかたつむり”ことミン・ギョンフンのソウの鼻対決でもからだを張ったギャグで面白味を吹き込むなど、期待以上のバラエティセンスで「知ってるお兄さん」の笑いを導いた。