除隊後すぐに活発な活動を見せるか期待

歌手兼俳優イ・スンギがバラエティ番組に戻ってくる。“バラエティ皇太子”の帰還だ。
イ・スンギは11月から新たに始まるSBSバラエティ番組出演する計画だ。番組の名前は決定されておらず“バラエティ激戦地”と呼ばれる日曜のゴールデンタイムが有力だ。番組コンセプトはイ・スンギの最大の長所を生かせる旅行バラエティ。イ・スンギの出演が既定事実化されて、早目にスタッフなど製作スタッフを構成して残りの出演陣などに交渉している。放送関係者は「万能エンターテイナーのイ・スンギは最高の適任者。先月からイ・スンギと議論を重ねてきたし、除隊後すぐに番組へ合流する予定だ」と話した。
イ・スンギのスターパワーはここでは終わらない。10月31日に除隊する前に出演価値を高めているイ・スンギは、バラエティ番組だけでなくドラマ出演も提案されている。
12月に放送予定であるケーブルチャンネルtvNドラマ『花遊記』で主人公の孫悟空として出演するのではないかと言われている。イ・スンギ側は「除隊まで軍服務に忠実に行う」と言葉を慎んではいるが、多数の放送関係者によるとイ・スンギの主演はほぼ確定しているという。
除隊後に軽くからだをほぐす感覚でバラエティ番組へ先に出演した後、ドラマに出演するものと見られる。
下半期には映画の公開も待っている。入隊前に撮影を終えた映画『相性』(原題)(監督ホン・チャンピョ/製作ジュピターフィルム)だ。2015年9月から4ヶ月間撮影した映画で、イ・スンギは劇中天才と呼ばれる相性占い師ソ・ドユンを演じた。出演作を全て成功に導いたイ・スンギの新たな映画という点で期待が寄せられている。