「野獣アイドルはもう僕とは関係のない言葉」

アイドルグループ2PMメンバーウヨンのソロカバーグラビアが公開された。
雑誌「THE STAR」8月号の表紙グラビアを通じて公開された今回のウヨンのグラビアは、レトロコンセプトを新たに解釈した。ウヨンは写真ごとに少年美や男性美など様々な印象を披露した。特に撮影現場では特有の明るい姿で始終愉快なムードを作り出した。
グラビア撮影後に続いたインタビューでウヨンは「日本でソロアルバムを発売してコンサートもした。予想できなかったが多く人に愛されて感謝した。韓国では2PMの入隊前に最後の完全体コンサートとWebバラエティ撮影、個人的には音楽作業だけをしながら忙しく過ごした」と最近近況に対して明らかにした。
引き続き修飾語“野獣アイドル”に対して「もう僕とは関係ない言葉だと思う。トレーニングをしないでかなり経った」と笑って打ち明けた。
夢見る恋愛については「ない。とても現実的に付き合いたい。幻想を描くので、僕だけの基準ができて度々判断するようになった。ありのまま付き合いたい」と答えた。
2PMでデビューしていつのまにか10年目、グループ活動を率いた原動力に対しては「本当に多いが、とても大きい運が味方したと思う。僕たちの努力と素晴らしい周辺の人々のおかげで運と福が一緒になったと考える。2PMは幸せな人々だ」と伝えた。