「平凡で大切なものなどの価値を守りたい」

テギョンと「GQ KOREA」が共にしたグラビアが公開された。
「GQ KOREA」は“真夏の熱い男”をコンセプトにテギョンのグラビアとインタビューを公開した。
トマトにかぶりつく姿は、2PMとして活動して得た“野獣アイドル”“チッテギョン(=服を引き裂くテギョン)”というニックネームにぴったりの野性美を発揮した。さらに他のモノクロ写真ではこれと正反対に力を抜いて、リラックスしていながも官能的な姿を演出して注目を浴びた。
テギョンはインタビューでデビュー後10年という時間に対して「20代だけが表現できる若さと情熱を思う存分表現した。ほとんどのやってみるべきことは全てしてみた。本当に良い20代だった」と回想した。今まさに始まった30代は「恐ろしいというよりはときめく。あらゆる事を全て自ら決める時になったのだから」と明らかにした。
さらに普段の気さくなライフスタイルに対しても語った。「地に足をつけて本来の僕のアイデンティティを守ろうと努力する。僕は僕が考えて当然のこと、したいものなどをする。学生の時は学校へ熱心に通ったし、旅行をする時は歴史に対して知りたくて旅行客らと共にツアーをした。それで仕事も楽しくできる。平凡で大切なものなどの価値を守りたい」という価値観を教えてくれた。
一方、テギョンは8月5日にスタートするOCN新オリジナルドラマ『助けて』(原題)を通じてテレビドラマにカムバックする。