度を越した私生ファンの行動に驚愕

アイドルグループSUPER JUNIORのメンバーキム・ヒチョルが宿舎に潜入した私生ファン(サセンファン…私生活まで追いかけ回す過激なストーカーファン)たちのエピソードを公開して注目を浴びた。
最近放送されたKBS2「鍋敷き」でキム・ヒチョルが「ガールズグループ入門書」を執筆するためにガールズグループ宇宙少女に会った。
この日キム・ヒチョルは宇宙少女と共に宇宙少女のサイン会会場に移動している間「もしかして(ファンたちが)家にも入ってきたことはありますか?」という質問を受けた。
キム・ヒチョルはこれに対し私生ファンにまつわる経験談を明かした。「私生ファンがどのレベルかというと、グループでの活動後に自宅へ向かった後、暗証番号キーを入力して家に入るとボイラー室とかそういう所で隠れて見ている。僕がいない時に家に入って、下着を全部取り出して写真を取り、自分たちの下着もしまったりした」と話して驚きを呼んだ。
引き続き「昔はこのような私生ファンたちの事件が本当に日常茶飯事だった。電話番号を変えた直後にメッセージがひとつ届く。『兄さん、番号を変えても私たち全員知ってるけど』このようなメッセージがきた」と回想した。
これで終わりではなかった。キム・ヒチョルは「その時(宿舎が)アパート8階だった。下は下着だけ穿いて上にTシャツを着て遊んでいた。そしたら『ドンヘ兄さん、クマの下着が凄く可愛いです』とメッセージが来た。めちゃくちゃ鳥肌が立った。それですぐに翌日、窓を全部隠せるカーテンに変えた」と話して驚愕させた。