3年間付いて回った破局説は本物に

俳優チュ・ジフンとガインが3年の熱愛に終止符を打った。友人から恋人に発展して熱く燃え上がった2人が再び各自の席に戻ることになった。
チュ・ジフンの関係者は「確かに別れた」と破局を認めて「具体的な時期は分からない。チュ・ジフンが今月7日午前6時まで撮影をしていて、本人への確認が遅れた」と立場を伝えた。
チュ・ジフンとガインは2014年5月に熱愛を公式的に認めた。兄妹のように親しかった2人はチュ・ジフンがガインのミュージックビデオに出演することになって恋人へ発展、8年間の友人関係からステップアップした。
その後2人はSNSにデートの目撃談が伝えられるほど、堂々とデートを楽しんだ。また、各種バラエティ番組でお互いについて言及するなど愛情を隠さなかった。
そのように熱く愛し合った2人だったが、不思議と毎年1回は破局説が浮上した。その度に所属事務所は「仲良く付き合っている」と破局説を一蹴し、このような状況が繰り返されることに頭を痛めた。
何より恐慌障害を治療中だというガインの近況が明らかになり、再び2人の破局説が浮上した。最近ではガインがチュ・ジフンの知人に大麻喫煙を誘われた事実を暴露して衝撃を与えた。
熱く愛し合いながらもクールなカップルとしてファンの応援を受けていたチュ・ジフンとガイン。3年間付いて回った破局説は、結局“説”ではなく本当に終止符を打った。
一方チュ・ジフンは映画『工作』『神と共に』への出演を決めて演技活動に拍車を加えている。
ガインは肺炎、恐慌発作を伴った不安障害、不眠症などの診断を受けて治療に専念している。