「僕たちは今互いに心を交わしています」

アイドルグループ防弾少年団が南北アメリカや東南アジア、オーストラリアに続き日本まで「WINGS TOUR」を成功裏に終えた。
防弾少年団は5月30日と6月1日に大阪、7日に広島、14日と15日に名古屋、20日から22日まで埼玉、24日と25日に福岡、7月1日と2日に札幌で「2017 BTS LIVE TRILOGY EPISODE III THE WINGS TOUR ~Japan Edition~」(以下「WINGS TOUR~Japan Edition~」)を開いて、日本全域6都市145,000人のファンたちに会った。
防弾少年団の「WINGS TOUR~Japan Edition~」は全公演のソールドアウトはもちろん、チケットを手に入れられなかったファンたちの要請に追加で販売した見切れ席と立ち見席までも完売を記録した。
防弾少年団は「WINGS TOUR~Japan Edition~」だけのために5月にリリースされた7th日本シングル「血、汗、涙 -Japanese Ver.-」のステージを披露してファンたちの声援に応えて更なる熱い歓声を受けた。
防弾少年団は「WINGS TOURを通じて、日本のARMY(ファンクラブ)の皆さんに会えて本当にうれしいです。ありがとうございます。僕たちの公演は僕たちがただステージをお見せして、皆さんがそれを単純に観るのではなく、共に作り出すことだと思います」として「僕たちは今互いに心を交わしています。今後もずっとそうできたら嬉しいです」と感謝の挨拶を伝えた。
一方、防弾少年団は最近韓国人で最初にアメリカ時事週刊誌「TIME」が選定した「インターネットで最も影響力ある25人」に選ばれて存在感を立証した。