「今は僕たちのポジティブなエネルギーを伝えたい」

アイドルグループHighlightにとって2017年は特別だ。BEASTとしてデビューした5人がHighlightとなって新たに出発した。そして名声を取り戻して、明るく笑えるようになった。
Highlightは最近アメリカのインターネット音楽ケーブルチャンネルFuse TVとインタビューを行った。彼らは過去に対する遺憾の代わりに、今後繰り広げられる興味深い人生に対する期待を見せたという。
特に1年前、BEASTの最後のアルバムを準備した当時を思い出して内心を表わした。メンバーは「1年前の自分に心配しすぎるなと話したい。以前の時間は僕たちにとって挑戦の時間だった」「僕たちは同じボートに乗っているといえる。同じ考えと同じ心配をしていた」と回想した。
今年Highlightとしてデビューしてからに対しては「本当に過分な愛と支持を頂いた。全ての人々が信じてくれたので、初めの疑いから抜け出すことができた。上半期の間熱心に仕事をしたが、残った下半期もさらに熱心に仕事をする」と念を押した。
BEASTからHighlightに変わった点を尋ねた質問には「“Highlight”という名前になって僕たちの歌にもう少し明るい面を浮上させたかった。このような歌に対して、ちょっと安らかさを感じるのではないかと思う。いつも明るくて幸せな歌を歌うわけではないが、今は僕たちのポジティブなエネルギーを伝えたい」という希望を語った。