セットリストになかった曲だけで1時間も追加で公演

人気バンドCNBLUE(ジョン・ヨンファ、イ・ジョンヒョン、カン・ミンヒョク、イ・ジョンシン)がアリーナツアーを盛況裏に終えた。
CNBLUEは今月21~22日、大阪城ホールでアリーナツアー「CNBLUE SPRING LIVE 2017 Shake! Shake!」が千秋楽を迎えた。
特にジョン・ヨンファの誕生日だった22日の公演では、メンバーがジョン・ヨンファに花束をプレゼントするかと思えば、ファンたちと共にバースデーソングを歌って意味深い時間を過ごした。これに応えるようにCNBLUEはセットリストになかった曲だけで1時間も追加で公演し、何と210分もの間、熱狂のステージを作り上げた。
今回の公演は去る5月10日に発売した日本11thシングル「SHAKE」の発売記念で開催するアリーナツアーだ。5月17~18日に東京・日本武道館を始め6月17~18日に名古屋・ガイシホール、6月21~22日に大阪・大阪城ホールなど合計6公演に渡って開催された。
3都市で2日間ずつ開催された公演は、1日目は“Upside down”、2日目は“Leftside right”というそれぞれ違うタイトルとセットリストで構成された。CNBLUEはツアー中、楽しくスマートなライブ公演で合計6万人のファンたちのからだを揺らした。
一方、日本アリーナツアーを終えたCNBLUEは7月1日にシンガポール、15日にジャカルタ、8月13日にバンコク、19~20日に香港、9月30日に台北などアジア全域にライブ公演を続ける予定だ。