どんなジャンルのアルバムになるのか期待

バンドグループCNBLUEのメンバージョン・ヨンファが単独でステージに立つ。
ジョン・ヨンファは7月にニューソロアルバムを発表する。2015年に1月、自作曲「ある素敵な日」をタイトル曲に出した同名フルアルバム以降約1年6ヶ月ぶりの新報だ。今年3月からCNBLUEの活動に注力しながらソロアルバム準備も進めてきたジョン・ヨンファは、今回のソロアルバムを通じてバンドと確かに差別化された音楽で線を引くという覚悟だ。
今まで発表したアルバムの大部分を自ら作詞、作曲したジョン・ヨンファが今回どんなジャンルの音楽をリリースするかも大きな関心事だ。今までCNBLUEのアルバムのタイトル曲の作詞、作曲も引き受けたジョン・ヨンファは、去るアルバムで特別な方式を導入した。
ソングキャンプに参加して海外の作曲家たちと交流したジョン・ヨンファは「ニューヨーク出身の作曲家と3日間共に過ごして新鮮な方式で曲を作った」としながら「最近は互いにメッセンジャーで各自のパートをやりとりして曲を作る方法」と作業過程を紹介したことがある。
今年でデビュー7周年をむかえたジョン・ヨンファは、CNBLUEのアルバムを通じて音楽的な変化を予告した。出会い・愛・思い出・現実など様々なテーマを多彩なジャンルで解きほぐしたし、トレンディーながらも大衆的なポップバンドCNBLUEのカラーを完成した。 またアイドルとバンドの境界で孤軍奮闘したこれまでの時間をそっくり込めたという評価も得た。今までジョン・ヨンファは国内外を行き来して映画、ドラマ、コンサートなど多方面で活動してきた。