アルバム事前購入者の中から500人を抽選で選んで出演者を選抜

韓流スターチャン・グンソクが日本でファンたちと異例の合作プロジェクトを準備する。
チャン・グンソクは8月9日、日本で4thアルバム『Voyage』の発売を控えて特別なイベントを用意した。アルバムと同名のタイトル曲のミュージックビデオにファンたちを出演させることに決めたのだ。スターとファンが共に作るコンテンツという点で注目される。
今回のプロジェクトはチャン・グンソクが2年ぶりにニューアルバムを発表することになり、長い間待ち続けたファンたちに思い出を作るために準備したファンサービスだ。特にチャン・グンソクがファンたちに伝えたい気持ちを歌詞に込めて作詞に参加しただけにファンたちと共にする意味がより一層大きい。
今月19日まで応募を受けつけている今回のイベントは、アルバムを予約購買したファンの中から18歳以上を対象に500人を抽選で選んで出演者を選抜する。選ばれたファンたちをエキストラにして今月28日に東京近郊で進行される撮影に参加する。ファンたちは今までTVやステージだけで見てきたチャン・グンソクを近くで見られる特別な経験をすることになる。
チャン・グンソクはファンたちとより一層活発なコミュニケーションを取るために1年ぶりに単独コンサートも行う。ニューアルバム発売に合わせて今年の夏に日本で活発な活動を行う事を予告した彼は、7月1、2日に大阪城ホール、4、5日に横浜アリーナで「JANG KEUN SUK THE CRISHOW ROCKUMENTARY」を開く。2011年に初披露された「THE CRISHOW」は2012年に第2弾を、2015年に第3弾を行い、チャン・グンソクのブランド公演としての位置を確立した。第4弾公演である「ROCKUMENTARY」は“ロック”と“ドキュメンタリー”を組み合わせた番外編で、1~3弾とは差別化されたパフォーマンスを公開する予定だ。
韓国のファンたちにはイメージ変身という“プレゼント”を届ける。キム・ギドク監督の新作『人間の時間』を通じて2011年『君はペット』以降6年ぶりにスクリーンへ戻る。デビュー後一番破格的な姿を見せると発表されてすでに期待が高まっている。
『人間の時間』は人間の感情や道徳、倫理の限界値をテストして人類の根源を追跡していく物語で、チャン・グンソクは人間の本能に“忠実”な残忍で非情なキャラクターを消化する。先月末から撮影を始めた彼は本格的な合流に先立ち「俳優として人間の最も本能的な姿と限界を演技できて魅力的な作業になるだろう」と期待感を現わした。