1,000人のファンを招待して4周年記念パーティーを開く

防弾少年団は今や韓国を越えビルボードで認められるアイドルグループになった。全世界のファンたちから多くの愛を受けている。しかし彼らは韓国のファンたちに対する感謝を忘れず、遠ざかるのは止めようという熱い真心を表わした。
防弾少年団は今月13日午後、NAVERのLIVE映像配信アプリ「V LIVE」を通じて生放送された「BTS HOME PARTY」でデビュー4周年のパーティーを開いた。1,000人のファンを招待したこのパーティーは、ライブの視聴者数だけで何と300万人を突破して防弾少年団の人気を推察させた。
防弾少年団はしばらくワールドツアーとアメリカ・ビルボード・ミュージック・アワードへの出席などにより韓国のファンに会うことができなかった。これに対しメンバーは「とても久しぶりにご挨拶する。ファンたちに会いたかった」と恋しい気持ちを表わした。
それだけでなく防弾少年団はタイトなスケジュールを消化したにも関わらず特別なステージを準備した。彼らは今まで知らなかった事を教えてくれるクイズゲームからユニットパフォーマンスまで披露して視線を釘付けにした。
それこそ韓国ファンたちの待つことをまともに満たした4周年パーティーだった。何よりファンたちを感動させたのは防弾少年団の真心だった。
ジミンはファンたちと最後の挨拶をして「皆さんが僕たちと遠ざかったようだと言うのを見た。皆さんが僕たちをこのように作ってくれたのではないか。僕たちはそんな話をしないようにしよう」と約束した。
これは放送直後数多くのファンたちに言及され話題を集めている。どんな言葉よりもリアルに心に響いたと見られる。
ファンたちは自身が支持する歌手がうまくいくように願いながらも、内心とても高い所に登りつめると遠くに感じる事もあるはずだ。防弾少年団はファンたちの心を先に推し量ってファンへの格別な愛情を示した。
このように防弾少年団が真心込めた告白を伝えたので、誰が彼らと遠ざかることができるだろうか。防弾少年団の人気は今後もずっと高くなっていく展望だ。