春に似合うヒーリングボイス

人気ガールズグループApinkメンバーチョン・ウンジが初めての単独コンサートを成功裏に終了した。
チョン・ウンジは今月3~5日、ソウル市梨花(イファ)女子大学校サムスンホールで初めての単独コンサート「屋根裏部屋」を開いて、約2,100人のファンたちから熱い反応を得た。チョン・ウンジの今回のソロ単独コンサートは2011年のApinkデビュー以降、初めて用意されたもの。ソロ歌手として成功した後に準備された公演なので、チョン・ウンジとファンたち全員に特に意味深い意味で近寄った。
今回の公演でチョン・ウンジは今年4月に発表したミニアルバム2ndアルバム『Space(空間)』のタイトル曲である「あなたという春」で幕を上げた。
ファンたちはチョン・ウンジの歌に合わせて烈火のような応援をして、コンサート会場は序盤から熱くなった。その雰囲気を繋いでチョン・ウンジは「少女の少年」「初めて感じた別れ」「It’s OK」など自身のソロ曲を熱唱した。
チョン・ウンジは「私にとって屋根裏部屋は神秘的な空間ながらも思い出を取り出して見ることができる、そして暖かく見える空間」としながら「それで今日、屋根裏部屋は細やかにしたかった」として屋根裏部屋の演出理由を明らかにした。さらに「とても緊張しているが、私が緊張だけ皆さんがときめいたら嬉しい」とソロコンサートのステージを持つことになった喜びを表わした。
チョン・ウンジはファンたちからのお悩みを直接採択し、これと関連して一曲を歌うなど歌でコミュニケーションを取る時間を持ってファンたちの歓呼を受けた。それだけでなく「コンサートだけで聴ける歌を聴かせたい」とテレビでは聴けなかった歌を歌い、自身の自作曲を歌うなどファンに特別な思い出を与えて拍手喝采を引き出した。
チョン・ウンジは彼女のソロ曲である「愛は風のように」「愛とは」、パク・ヒョシンの「野生の花」、ヤン・ヒウンの「ママが娘に」、1stアルバムのタイトル曲「Hopefully sky」を歌って爆発的な声量と切ない感情表現で歌手としての魅力を遺憾なく発揮した。特に「ママが娘に」を歌う時は驚くべき歌唱力と演出でファンたちの涙を誘い、「うちのウン(チョン・ウンジのニックネーム)は、やはり最高だ」「テレビでまた歌ってくれたらいいな」「また聴きたい」という反応を得た。
2時間ほどのコンサートは終えられた。チョン・ウンジは「私の人生で初めてのコンサートを良い思い出として残して下さってありがとうございます」と初めてのソロコンサートの成功に感激する姿を見せた。
ヒーリングと感動で溢れた今回のコンサートを通じて、チョン・ウンジは春に似合うヒーリングボイスであることをファンたちにもう一度刻印し、今後のボーカリストとしての歩みもやはり注目させた。