「胸が痛くて嬉しかった刹那の瞬間を作品で必ず一度は残してみたい」

俳優パク・シネの優雅な夏グラビアが公開された。
パク・シネはモルディブのリゾート地ソネバジャニでスター&ファッションマガジン「InStyle」と共にしたグラビアを通じて女優らしいオーラを発散した。
ドラマ『ドクターズ』が終わるやいなや映画『沈黙』撮影で我を忘れて忙しい時間を過ごしたというパク・シネは、今回のモルディブでのグラビアで彼女特有の爽やかながらも今まで見られなかった大胆なポーズで視線をひきつけた。
水の中で行われた難しい撮影はもちろん、熱いモルディブ日差しの下で続く撮影強行軍の中でも疲れないエネルギッシュな魅力で製作スタッフはもちろん現地の人たちの感心をかもし出した。
パク・シネはグラビア撮影後に続いたインタビューを通じて、ドラマ終了直後に映画『沈黙』を撮影して役者として一層成長したような気がすると語った。
「撮影中に何度もテイクが重なると、どんどん私の中に積もっていた不必要な皮がむけて中身だけが残される瞬間が来ます。映画でいうリアルな感じが果たして何だろうかと色々と考えましたが、それは平凡なリアリティーだったんじゃないかと悟ることになりました。」
いつの間にかデビュー14年目になった女優として、どうするのが良い演技なのか相変らず悩んでいるというパク・シネは、今後のパク・シネに対する期待感も隠さなかった。
「演技ではもう少し内面の小さな話に注目したいです。とても初々しいという訳ではないですが、誰でも一度は感じる胸が痛くて嬉しかった刹那の瞬間を作品で必ず一度は残してみたいです。」
清純からセクシーまで、様々な魅力を持つパク・シネの今後の演技変身が期待される。