海外ファンたちと積極的なコミュニケーションを取れる窓口に

アイドルグループJYJのキム・ジェジュンが“韓流広報大使”の役割を自任して注目を浴びた。キム・ジェジュンは趣味である旅行や料理などを積極的に利用して韓国を知らせるのに一役買っている。2月末に除隊した後直ちにアジアツアーへ出た彼は、公式的な活動ではないにしても、もう少し様々な国のファンたちに会おうと計画し、これをインターネットのライブ放送を通じて実践している。
キム・ジェジュンは“ふらっと出かける旅行”というコンセプトで韓国の様々な地方を旅行している。最近自身の故郷である忠南(チュンナム)公州(コンジュ)旅行に出発して数多くの地域文化を知らせた。キム・ジェジュンが自然に旅行する姿はインターネット放送を通じて全世界に公開され、ファンたちは「必ず一度は行ってみたい」と各国の言語でコメントを残した。キム・ジェジュンのこのような努力に最近、忠南公州市と百済文化祭推進委員会は彼を“百済文化祭・公州市広報大使”に任命した。キム・ジェジュンは最近江原道(カンウォンド)日本海へ発った旅行記も近い将来公開する。さらに韓国国内2~3ヶ所を選んで海外ファンたちに紹介するという計画だ。
旅行と共に彼の“食事の放送”も話題を集めている。彼はファンたちの間で料理上手として有名だ。キム・ジェジュンは見事な料理の実力を土台に“食事の放送”を相次いで公開して韓国料理を知らせている。様々な国のファンたちが接続するキム・ジェジュンのライブ放送は、より一層海外ファンたちと積極的なコミュニケーションを取れる窓口になっている。
キム・ジェジュンの所属事務所関係者は「アジア ツアーを終えてさらに様々な国のファンたちと会いたいといった。趣味を利用したささいな方式が、かえって世界各国のファンたちの関心を引いている」と語った。