イェソン「皆さんのおかげで僕がステージに立てます」と感謝

SUPER JUNIORのメンバーイェソンのソロコンサート「春悲」が今月13、14日にソウル市漢南洞(ハンナムドン)ブルースクエアサムスンカードホールで繰り広げられた。イェソンの美声と歌唱力を満喫できる感性ライブ公演で観客を魅了した。
今回のコンサートでイェソンは「ドアを開けてみて(Here I am)」「春の雨(Paper Umbrella)」「冬眠(Hibernation)」などソロアルバムの収録曲をはじめ「君じゃなきゃダメなんだ」「Blind」などドラマOSTのヒット曲、「Marry U」「ひまわり」「君から」などSUPER JUNIORのアルバム収録曲らもライブバンドの演奏に合わせてプレゼントするなど、合計23曲の多彩なステージを披露して熱い歓声を得た。
さらに昨年11月に発表した日本シングル「雨のち晴れの空の色」の韓国語バージョンおよび1stミニアルバムに収録されたインディーズバンドCHEEZEのボーカル ダルチョンとのデュエット曲「桜の葉」のソロバージョンを初公開、さらにザ・ワンの「I Do」、イ・ソラの「風が吹く」、HYUKOH「WI ING WI ING」などイェソンのボーカルで新たに生まれ変わったカバー曲のステージまでコンサートだけで会える特別なステージで注目を浴びた。
共に「どんな言葉でも(Confession)」のステージではイェソンが客席に降りてファンに花束をプレゼント、公演の雰囲気をより一層熱くした。トークタイムでは今回のコンサートで歌った歌およびステージに対する詳細な説明で観客と身近にコミュニケーションを取って温かな雰囲気を与えた。
イェソンは2日間の公演を終えて「皆さんのおかげで僕がステージに立てます。いつも感謝しています」と挨拶を伝え、熱情的に公演を楽しんだ観客もアンコールステージの時「春の日、春の雨のようにイェソンに染まる」「一緒だから幸せ。イェソン愛している」という文面のプラカードイベントを広げて感動に包まれた。