「Apinkは7年間ほとんど喧嘩していない。意見がぶつかる時は話し合いからする」

ガールズグループApinkのメンバーユン・ボミ、ソン・ナウンがマガジン「KWAVE M」を通じて幻想的かつ清純な魅力を発揮した。
公開されたグラビアには、清純な姉妹に変身したユン・ボミとソン・ナウンの姿が含まれている。Apinkの7年の友情を“2人の姉妹”の複合的な感情で表現した今回のグラビアでは、2人の幻想的で深い表情演技が目立った。
ユン・ボミとソン・ナウンはカメラの前に立って両手を取り合い、お互いを見つめて気持ちを交わし合うなど、深い内面演技を見せた。しかしすぐに2人はお互いを見つめて笑ってしまい、現場スタッフの笑いまで誘って温かな雰囲気を維持したという。
続いたインタビューでユン・ボミとソン・ナウンは7年の厚い友情を表わすこともした。ユン・ボミは7年間続く友情の秘訣を尋ねた質問に「会話をたくさんする。私たちはお互いに絶えず話す。誰かの悩みを相談したり誰かが憂うつになっていれば先に近付く」と答えた。引き続きソン・ナウンもやはり「Apinkは7年間ほとんど喧嘩していない。意見がぶつかる時は話し合いからする」と話した。
ユン・ボミとソン・ナウンはこの日、Apinkの未来に対する話も聞かせた。ユン・ボミは「この前、パダ先輩の結婚式にS.E.Sの先輩お三方が共にするのを見てとても印象深かった。まさに私たちの未来だと思う」としてガールズグループ“Apink”に対する愛情を表わした。
ソン・ナウンは「将来は互いに各自の家庭を設けて各自の空間にいるだろうが、今と別段違わない」としながら「姉さんの息子や娘の面倒を見てあげているのではないだろうか」とApinkメンバーに格別な友情を明らかにした。
一方、Apinkは現在活発にソロ活動を広げていて、完全体としては上半期中のカムバックを準備している。