「皆さんの応援と愛に感動した」

アイドルグループ防弾少年団が南米に続き北米ツアーを成功裏に終えた。
防弾少年団は先月23日~24日にアメリカ・ニューアークPRUDENTIAL CENTER、29日にアメリカ・シカゴALLSTATE ARENA、今月1日~2日にアメリカ・アナハイムHONDA CENTERで「2017 BTS LIVE TRILOGY EPISODE III THE WINGS TOUR」を開いて約6万人のファンと会った。
公演会場を訪れた北米ファンたちは公演の終始共に踊って楽しみ自由奔放な雰囲気を作り上げ、熱情的なライブステージを広げた防弾少年団に虹色のペンライトイベントを届けて熱い歓声を送った。
防弾少年団は「アメリカで再び公演することになって非常に楽しかった。皆さんの応援と愛に感動した。僕たちは地球の裏側で遠く離れているけど、常に一緒だということを忘れないで欲しい」と北米ツアーを終える感想を伝えた。
防弾少年団の北米ツアーはチケット発売開始から全席完売の記録を継続しただけではなく、シカゴ公演が追加されるなどアメリカでの人気を実感させた。
このような人気を証明するように防弾少年団はツアー期間中、全世界の有力媒体であるニューヨークタイムズをはじめビルボード、FOX 4 NOWの朝のニュース、サンディエゴのCW6放送ニュース、ペンシルバニアの日刊紙「The Intelligencer」、カリフォルニアの日刊紙「The Orange county register」などアメリカの主な媒体の熱を帯びた取材で高い関心を集めた。
一方、防弾少年団は7月初旬までタイ・バンコク、フィリピン・マニラ、香港、日本6都市などを回ってアジアコンサート「2017 BTS LIVE TRILOGY EPISODE III THE WINGS TOUR」を継続する。