世界中の恵まれない人のために善行を続けるチャン・グンソク

俳優チャン・グンソクが温かい歩みを継続している。
普段から着実に福祉活動を行い、社会の手本になっている俳優チャン・グンソクが卵巣がんを患ったモンゴル人少女の治療費を支援したことが明らかになって温かさに包まれた。
チャン・グンソクが後援したモンゴル人少女ナランティメック・アジャルガルさん(17歳)は“先天性性索間質性腫瘍”の診断を受けてモンゴルで手術を受けたが、去年がんが再発して卵巣がんと診断された。モンゴルの劣悪な医療環境と貧しい家計事情で治療ができない状況だったが、この話を聞いたチャン・グンソクの支援で韓国の病院で治療を受けられることになった。
チャン・グンソクは坑がん治療に必要な検査費、入院費、坑がん治療費などを後援し、治療のために韓国を訪問したナランティメック・アジャルガルさんは5月まで4回にわたる坑がん治療を受けて回復期間を持つ予定だ。
後援を受けたナランティメック・アジャルガルさんは「モンゴルで初めて診断を受けて手術を受けた後、絶望的な状況だった。そこにチャン・グンソクさんが助けて下さったおかげで回復できることになった。チャン・グンソクさんをはじめ、助けて下さった病院関係者の方々と韓国ワールドビジョン後援者様に心より感謝を申し上げる」と感想を明らかにした。
これに対しチャン・グンソクは「残念な報せに接して胸が痛かったが、手術も成功したと聞いて本当に嬉しい。大変な坑がん治療だがモンゴルの家族の事を考えて最後まで希望を失わないことを願う。今後も国内外で恵まれない人のための後援を惜しまない」と語った。
このように福祉活動もワールドスター級の俳優チャン・グンソクは、2009年のワールドビジョンで海外児童を10人後援したのを始め、現在100人の海外児童を後援している。海外だけでなく、2010年には韓国国内の脆弱階層の児童80人をコンサートに招待して楽しい時間を届けた。また、2011年にベトナムの飲料水事業を、2012年と2013年にはアフリカの教育事業を支援、2014年には1トンの米を寄付した。2015年にはバングラデシュの教育事業を支援するなど、継続的に善行を続けている。
それだけでなくチャン・グンソクは毎年末に“江南(カンナム)保育園”、“共にする愛の畑”等、今助けが必要な恵まれない人たちのために数年間慈善団体に寄付をしてきた。さらにブランドと手を握って慈善バザーを開催して収益金を寄付するかと思えば、韓国の大学で初めて“漢陽(ハニャン)大学校慈善教授”に任命され、才能の提供行うなど粘り強くて様々な寄付活動で社会の手本になっている。
一方チャン・グンソクは先月に大阪、横浜でのファンミーティングを始め、4月に福岡、名古屋でファンミーティングを開催してファンたちを訪ねて行く予定だ。