全ての数字を6で終わらせ、意味を込める

ガールズグループT-ARA(ティアラ)が完全体を守れなくなった。一部メンバーはすでにMBKエンターテインメントを離れることに決心した。
ある歌謡関係者は最近XPORTSNEWSに「T-ARAの一部メンバーはMBKと再契約しないことを決めた。5月にリリースされるアルバムが6人で出す最後のアルバムだ。今後は全員ソロ活動を準備するだろう」と打ち明けた。
先立ってMBKはT-ARAの最終アルバムの便りを伝えながらも「解散ではない」と釘を刺したことがある。全メンバーが論議の末に再契約を締結する場合、完全体としてまた戻れるという理由からだ。また、一部メンバーだけ集まってT-ARAのユニットでまた違う活動を進められるという可能性も残した。
しかしひとまずT-ARAメンバーは悩みの末に各自の道を進むことで合意したという。最後のアルバム活動に最善を尽くし、その後はお互いの決定を尊重することにしたのだ。これでT-ARAはデビュー8年で散ることになった。
一方T-ARAは5月にカムバックを控えて詰めの作業中だ。このアルバムは合計6曲で構成され、ヒット曲を集めた合計6分のメドレーも収録される。MBKは「6人のメンバー、6曲のトラック、6分のメドレー、このように全ての数字を6で終わらせて意味を持たせた」と説明した。