現地テレビ局も入国姿を生中継で報道

アイドルグループ防弾少年団が南米ツアーを成功裏に終えて、全世界「WINGS TOUR」の開始を知らせた。
防弾少年団は今月11、12日にチリ・サンティアゴにあるモビスターアリーナ、19、20日ブラジル・サンパウロのシティーバンクホールで「2017 BTS LIVE TRILOGY EPISODE III THE WINGS TOUR」を開いて、44,000人の南米ファンたちに会った。
南米ファンたちの雰囲気は公演前から熱かった。チリとブラジルの空港はどちらも地球の裏側から来た防弾少年団を出迎えにきた数百人のファンたちで辺りは麻痺し、多くの人だかりを成し遂げた。このような熱気を取材した現地媒体の報道も連日続き、特にチリのテレビ放送ニュース(CHV)は防弾少年団の入国姿を生中継するなど特集を組んだ。
防弾少年団は公演会場を訪れた観客のために情熱的なライブステージを広げた。「Not Today」で始まったコンサートは、メンバーのソロステージとタイトルメドレー、ユニットまで続いて南米ファンたちの歓声を引き出した。ファンたちはこれに応えるように公演の終始ラップもボーカルも区別なく共に歌う珍しい風景が繰り広げられた。
防弾少年団は「皆さんは僕たちの翼です。おかげで上手く飛んでいるようです。共にするということは、数多くのエピソードを共有することだと思います。今後も全世界のA.R.M.Y(ファンクラブ名)の皆さんとより多くのエピソードを分かち合い、共に笑って泣いて一緒に歩いていきたいです」と感想を伝えた。
一方、防弾少年団は来月初めまでアメリカ・ニューアーク、シカゴ、アナハイムを回って「2017 BTS LIVE TRILOGY EPISODE III THE WINGS TOUR」北米コンサートを継続する。