ファンの歓声を引き出す2時間半の熱いステージ

アイドルグループSHINee(シャイニー)が初めての北米ツアーコンサートのうちトロント公演を成功裏に終えた。
SHINeeは今月19日、カナダのソニーセンター(Sony Centre)で初めての北米ツアーのトロント公演「SHINee CONCERT “SHINee WORLD V” in TORONTO」を開催した。2時間30分間SHINeeだけの音楽世界はもちろん、優れた歌唱力、華やかなパフォーマンスが見える23曲のステージを届けて現地の観客を完璧に魅了した。
特にSHINeeはこの日の公演でデビュー曲「Replay -君は僕のeverything-」をはじめ世界中の音楽ファンから人気を得たヒット曲「Ring Ding Dong」「Lucifer」「Dream Girl」「View」「Everybody」などをパワフルなパフォーマンスで披露して現地の観客の合唱を引き出した。
ファンたちの声援に応えるかのようにSHINeeの熱いステージが続いて、公演会場の雰囲気を盛り上げた。
さらに5thアルバムタイトル曲「1 of 1」はもちろん、完成度の高い収録曲「Prism」「Feel Good」「Don’t Let Me Go」などメンバー5人の魅力的なボーカルと広い音楽領域を感じられる様々なステージも広げてK-POPのリーダーらしい姿を再び立証した。共に観客はSHINeeの初めてのトロント公演開催を記念して特別なイベントを開催した。「1 of 1」のステージが行われる間「あなたのための光を失わないように」というハングルが書かれたプラカードイベントを広げてSHINeeメンバーを感動させた。
この日の公演の最後を飾った曲は「An Encore」で、SHINeeは感性的なメロディとメンバーの心に響く声が引き立つステージを届けて観客の熱い歓声と拍手を受けた。公演会場をいっぱいに埋めつくした観客と記念撮影をするのはもちろん、コンサートの準備過程を収めたメーキングフィルムも公開するなど、身近に呼吸をして注目を浴びた。