「俳優として発展するためにイ・ミンホ本来の姿を探す時間を持つ」

俳優イ・ミンホが幻想的な魅力を発揮した。
ファッションマガジン「COSMOPOLITAN」は200号発刊を記念してイ・ミンホのグラビアを公開した。男性の単独カバーモデルは「COSMOPOLITAN」創刊後初めてのことだ。
空虚な葦原と廃墟で進行された今回のグラビア撮影でイ・ミンホは、シンプルなブラックのブレザーとパンツ、ネイビーのジャケットと派手なパターンのシャツをマッチするなど様々な衣装を自由に着こなして幻想的な目つきとシックなポーズでクールな魅力を表わした。
最近ドラマ『青い海の伝説』のホ・ジュンジェ役を熱演し、今まで作品で見せた寡黙な配役とは違った演技をして180度違う魅力を披露したイ・ミンホは、本人が引き受けた配役に対して「普段の自分の姿自体が様々なキャラクターの集合体だと表現するのが正解でしょう。気持ちによって揺れ動いたり、僕の年齢によってさらに成熟する時もあると思いますし…とにかく僕の中にそのようなふざけた面や茶目っ気があるので、そのような姿を自然に取り出して演技ができたのだと思います」と伝えた。
引き続き、イ・ミンホは本人の演技幅に対して「20代にラブコメキャラクターの姿をたくさん見せた俳優だとすれば、30代にはまた違う領域で可能性を提示できなければいけないと思います。それで最近努力しているのは、イ・ミンホ本来の姿を探す時間を持つことです」と俳優として発展するためにより一層努力する予定だと語り、今後の姿をより一層期待させた。
今月10日に2年ぶりにニューシングル「Always by LEE MIN HO」を発表した彼は「僕は着実にアルバムをリリースしていますが、知っている人より知らない人がさらに多いです。僕にアルバムはファンの方々とコミュニケーションを取るひとつの方法です。そのような意味で着実に発売してきました。今回のアルバムのテーマである“always”は、“常に、いつも、共にしよう”という意味を込めています」と格別なファンへの愛を表わした。