チャン・グンソクとはまた違う印象

歌手BoAの“ショータイム”が始まった。
ケーブルチャンネルMnet男性練習生サバイバルオーディション番組「プロデュース101シーズン2」がいよいよベールを脱いだ。参加者101人はMnet音楽番組「M!Countdown」でスペシャルステージ「PICK ME」を披露した。
BoAは国民のプロデューサー代表として登場した。さほど長くない分量だったが、物静かな進行と正確な伝達力が引き立って見えた。「プロデュース101」の代表的な台詞である「レッツ・ショ~タイム」も淡泊に消化した。シーズン1の国民プロデューサー代表であったチャン・グンソクとはまた違う印象だった。“国民プロデューサー代表”はMC兼師匠として番組を全般的に導く重要な役割を果たす。その点でこの日BoAはシーズン2に対する期待を高めた。本格的な初放送まで4週ほど残ったが、視聴者が直接出演者の情報検索に出るなど相当な波及力を見せている。
「プロデュース101」は韓国の芸能事務所から集まった101人の男性練習生が参加したプロジェクトで、大衆が“国民プロデューサー”になってデビューメンバーを抜てきし、デビュー曲、グループ名などを直接決めるコンセプトのサバイバル番組だ。歌手BoAが“国民プロデューサー代表”として活躍する。